AI'Sインテリアデザイン

アイテム

アイテム

【造作家具】スピーカーシステムを収納できる大型TVボード

TVの大きさ、設置する壁の幅、収納するAV機器類の内容により、造作家具のTVボードの大きさ、高さを決めていきます。

AV機器を入れるスペースのダウンステーの扉はガラス入りなのでリモコンの電波が通じ、両サイドに設けたスピーカーネットのスペースはスピーカーが直接見えないようデザイン依頼を受けました。

TVボードの造作家具の依頼と合わせ、窓下にもお揃いの収納家具を設置しました。

色が揃うと落ち着いた居心地のよい空間をつくることができます。

購入する家具などの板サンプルなどがあれば、雰囲気にあうオレフィンシートを選定し、あなただけのオリジナル造作家具をご提案できます。

 

【札幌市中央区 K様邸】

 

 

 

窓下収納を造作家具でデザイン

収納する物・飾る物、また見せる収納・見せない収納によっても扉の形状・可動棚板の枚数などが変わるので細かい打合せを必要とします。
何を収納するのかをお聞かせ下さい。
対応する造作家具をご提案致します。

スピーカーシステムを組み込むことが出来るテレビ台

両サイドにスピーカーが見えないように、ネットを張ったスピーカー組み込みタイプの特注テレビ台です。
AV機器の台数と何を収納するかによって、扉にしたり引き出しにしたりします。

ダウンステーのガラス扉

AV機器をほこりから守りたい場合、ガラス扉をつけますが開きが邪魔でない、ダウンステーのタイプがおすすめです。
観音開きより出幅が少ない為、操作などの動きが楽になります。
ガラスはリモコンの赤外線を通しますので、扉を閉めたままで操作できます。

つまみを付けずにテーパーカットの引き出しに

出来るだけ造作家具をシンプルかつ豪華に見せるため、ツマミなどを付けずフラットに仕上げます。
上段と下段の引出しの間に隙間をつくり、それぞれを内側に斜めにカットするテーパーカット仕様にすることにより、手掛けをつくっています。

Update

一覧はこちらから

AI'Sインテリアデザイン

札幌市中央区南2条西23丁目1-1 テイストビル4F

TEL.011-590-0700

  • よくある質問
  • 初めてのリフォーム
  • 施工の流れ
  • リンク
  • スタッフブログ
  • facebook

TOP