AI'Sインテリアデザイン

コレクション

コレクション

【バリアフリーリフォーム】

築後約20年がたち、トイレやリビングドア下の床段差が気になり始めました。

段差解消リフォームとともに、トイレ内部やドアデザインも一新し、明るく気持ちの良い住まいに生まれ変わりました。

Before 床段差

トイレのが一段高くなっており、高齢になってからの使用が心配でした。
また、リビングドアの下にも段差があり、車椅子では通れませんでした。

リビングドアをリフォーム

ドア下の枠を撤去し、段差を解消。幸いなことに枠の下にもフローリングが施工されてありました。もしフローリングがなければ専用の部材で埋める予定でした。足りなかった両サイドの枠部分も大工さんが丁寧に補修してくれましたので、ほとんど目立たなくなりました。

ドアはお好みのデザインで特注

ドアのデザインも好みのものに一新しました。新築当時のモールディングの重厚感を活かすため、建具は特注で製作し、色合わせのため現場にて塗装しました。既製品ではなかなか合うものがなく、周囲とちぐはぐになってしまします。面倒な収まりを快く作ってくれた建具職人さんに感謝です。

トイレもリフォームし、介助しやすく

将来もし介助が必要になった時のために、トイレをできるだけ広くということで、トイレ内部もリフォーム。
トイレ本体はコンパクトなTOTOのネオレストDタイプを採用しました。タンクがなくすっきりした分、背面の壁にはエコカラットでアクセントを。

手洗いカウンターを設置

トイレには新たに手洗いカウンターを設置しました。
手洗いの動作が楽になっただけでなく、トイレ空間がちょっとしたおもてなしの空間になりました。カウンターの下は予想以上に収納力たっぷり。バケツも入る広々収納ができました。

Update

一覧はこちらから

AI'Sインテリアデザイン

札幌市中央区南2条西23丁目1-1 テイストビル4F

TEL.011-590-0700

  • よくある質問
  • 初めてのリフォーム
  • 施工の流れ
  • リンク
  • スタッフブログ
  • facebook

TOP